相手を誘導する

ミクシィ系列が運営

大手企業が運営をしているから安心して利用できます。セキュリティやサポートも充実!!

YYCへ

出会い系NO.1サイト

TVで優良サイトと紹介されたNO.1のサイト!年間数十億円の広告費で利用者を応援!!

PCMAXへ

女性向けの楽しめるサイト

女性の利用者が多くターゲットを若い人向けのサイト作りで若い人に絶大な人気!

ワクワクメールへ

二者択一という縛り方

メールの書き方や伝え方のちょっとしたテクニカルな方法について紹介していきます。それはダブルバインドという手法なのですが、これは相手に選択肢を与えているように見えて実は選択肢をしぼめているやり方なんです。

具体的な方法を説明したほうが分かりやすいと思いますので例を出します。

例えばデートのときに何かご飯を食べたいと思ったときに何が食べたい?って聞くと相手は反応困ってしまいますよね。大抵の人は何でもいいって言いますよね。

そして聞いたほうも何でも良いって言われても困ってしまいますよね。そしてじゃあパスタを食べに行こうか?って言ったらパスタって気分じゃないって言う人もいますよね。何でも良いって言ったのにということでちょっとイラっとする人もいますよね。

でも聞き方が悪いとこんな風な感じになってしまいます。ですから広すぎる選択肢を極端に絞ってあげることが大切です。

「この近くにおいしいパスタ屋さんとおいしい定食屋さんがあるんだけどどっちがいい?」って二つに絞った形で提案をしてあげるのです。

そう聞かれると相手はこの二つの中から決めなくてはという心理が働いてしまってどちらかを選ぶようになるのです。選択肢を与えているようで誘導させています。

例え提案したものがどちらも興味を示さなかったらじゃあ何がいい?って相手にきいてみましょう。そうしたら相手は提案を断ったんだから自分が決めなくてはという気持ちになるのです。

この方法を上手に使っていくことで相手を誘導させる手法なのです。メールとかでデートを誘うときやデート場所を決めるときに困ったらこのやり方を試してみましょう。

Copyright(c) 2013 出会い系サイトで無料優良出会い